妊婦さんの快適な旅行を手助けする情報サイト

>

移動手段は何がおススメ?

母体にも赤ちゃんにも安心な移動手段とは?

家族旅行には、自家用車を使われる方も多いと思います。
何よりも荷物の持ち運びの手間がかかりませんし、周囲の目を気にせずに移動できる点が魅力ですね。
ただ、キャンピングカーのような大きな車なら別ですが、普通自動車はスペースが狭いため、どうしても長時間同じ姿勢で座っていなくてはなりません。
その結果、足がむくんだり、お腹が張ったりする方も多くいらっしゃいます。

また、妊娠中はトイレが近くなることも。
車で移動する場合は、必ず休憩時間を取るようにしましょう。
サービスエリアがどこにあるのか、事前にチェックしておくと良いですね。
休憩時間は外の空気を吸ったり、簡単なストレッチをして体の凝りをほぐしましょう。
これはドライバーの方の安全運転のためにもぜひ守っていただきたいと思います。

その他の移動手段はどう?

最初に電車を使う旅行ですが、メリットとして「渋滞しない」「ほぼ時間通りに来る」という点が挙げられます。
ただ、荷物の持ち運びは自分たちで行わなくてはなりませんし、自由席だと座れないことも。
電車を使って移動する場合は、指定席を確保することが必要だと言えるでしょう。

次にバス旅行。
こちらはバスガイドさんが話術巧みに名所旧跡を案内してくれるメリットがありますが、妊娠中は揺れや座席の狭さから気分が悪くなることも考えられますので、あまりお勧めできません。

最後に飛行機ですが、妊娠後期の搭乗には産婦人科医の同意書やお医者さん同伴を求められます。
短時間で移動できるのが飛行機の魅力の一つですが、基本的に飛行中は歩き回れませんので、エコノミークラス症候群のリスクが高まります。
足首を回したり、かかとを上げ下げしたりして、血流の滞りを防ぎましょう。

自分に合った移動手段で快適な旅行をお楽しみください。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑