妊娠中の人が安全に旅行するための注意点

妊婦さんの快適な旅行を手助けする情報サイト

妊婦さんの安心で快適な旅行をサポートします!

お腹に赤ちゃんがいると分かった時の感動はひとしおですよね。 では、妊娠中に旅行に行く必要が生じたら? 旅行の予約をした後に妊娠が判明したという方や、上のお子さんがいて夏休みなどに旅行に行きたいとせがまれる方もいらっしゃいます。 旅行は妊娠何週から可能なのでしょうか?

滞在日数はどのくらいがベスト?

旅行に行く場合は、どのくらいの日数がベストなのでしょうか? 日数が長くなればなるほどリスクは増します。 しかし、短ければ短いほど良いのかというと、そうとも言い切れません。 なぜかと言うとタイトなスケジュールは、かえって体に負担をかけてしまうからです。 滞在日数よりも、大切なのはスケジュールだと言えそうです。

妊娠何週から可能なのか

妊娠中は疲れやすくなったりニオイに敏感になったり、足がむくみやすくなったりと、体調の変化に戸惑うことも多いもの。
体がだるくて、何もする気が起きないという方もいらっしゃることでしょう。
少し重い物をもっただけで、お腹が張ってしまうという方も少なくありません。
「家で家事をするだけでも辛いのに、旅行なんてとても無理!」と思ってしまいますよね。

当然ですが、体が辛い時は、無理して旅行に行く必要はありません。
楽しみにしていた旅行をキャンセルするのは残念ですが、無理して行って体調を崩してしまっては元も子もありません。
現地で入院しなくてはならなくなったり、お腹の赤ちゃんに万が一のことがあっては、とりかえしがつきませんよね。
妊娠中は体調がすぐれない方も多いですから、「ちょっと無理かな」と思ったらキャンセルする勇気も必要です。

また、お医者さんから自宅安静を言い渡されている方も、旅行は厳禁です。
赤ちゃんが生まれて外出できるようになってから、ご家族でゆっくり旅行に行きましょう。

しかし、体調も良く、お医者さんから特に禁止されているのでなければ妊娠中も旅行を楽しむことは可能です。
むしろ旅行に行ってきれいな景色を見たり、地元の方と触れ合ったりすることで気持ちがリフレッシュできることも。
つわりなどがない方は、郷土料理も楽しめます。
カロリーや塩分の摂り過ぎは良くないですが、これは妊婦さんでない方も同じこと。
お腹の赤ちゃんと一緒に気軽に旅行を楽しみたいですね。

移動手段は何がおススメ?

車、電車、バス、飛行機など、旅行に行く交通手段はたくさんあります。 パック旅行であれば交通手段は自ずと決まってきますが、フリーの旅行の場合は悩んでしまいますよね。 乗り慣れている乗り物でも、妊娠中は体調が変わりやすいため、避けた方が良い場合もあります。 妊娠中の移動手段として最適なものは何でしょうか?

TOPへ戻る↑